雨漏り工事 葺き替え工事 和歌山 アルプス

HOME > 住まいを守る屋根

住まいを守る屋根

屋根は雨風や雪、台風、紫外線の脅威など自然環境に耐え、住まいを守る重要な役割を持っています。よって、屋根が住まいの寿命を左右するともいえます。

屋根の重要性

○雨を防ぐ

日本は雨が多い国であるため、雨を防ぐためにも屋根は重要となります。
しかし、屋根から雨漏りをしてしまうと建物内の湿度が高まり腐食の原因となってしまいます。腐食が進めば、建物自体に影響が出る可能性があるため注意が必要です。

○台風の被害から守る

台風は強い雨や風が特徴です。これにより屋根も強いダメージを受けることになります。
そのため強風で屋根が飛ばされないためにしっかりと固定されているのですが、時にズレや剥がれが起きている場合もありますので台風が過ぎた後は屋根の状態をしっかり確認し、異常があればすぐに屋根工事を行うことが必要となります。

○紫外線から守る

屋根があることで私たちは日差しや紫外線をしのぐことができています。しかし、屋内で快適に過ごすためには屋根の断熱性が必要不可欠です。
断熱性が備わっていることにより、夏の暑さや冬の寒さから室温をできるだけ保つことができているのです。

○衝撃から守る

建物は屋根を軽くすることにより重心を低くすることが可能です。それにより地震などの災害から住まいを守ることができるのです。しかし、時間が経てば劣化により屋根の剥がれや落下などの危険性が高まってきますので定期的な補修が必要です。

常に外気にさらされている屋根は一番の影響を受けてしまう場所ですので定期的に屋根のチェックを行うことをおすすめします。和歌山県で屋根工事のことでしたら当社をご利用ください。屋根の塗り替え工事や、雨漏り工事、葺き替えなどを行っております。屋根のトラブルでお困りなら是非一度ご相談ください。見積りや屋根診断も無料で行っておりますので安心してご利用できるかと思います。また、自社施工を行っているために余計なコストが発生しません。実績も多数持っているため屋根に関することは当社にお任せください。

前のページに戻る
ページの先頭へ