雨漏り工事 葺き替え工事 和歌山 アルプス

HOME > 屋根に使われている素材

屋根に使われている素材

こちらでは、現在使用されていることが多い屋根に使われている素材についてご紹介いたします。

コロニアル屋根

一般的にはコロニアルやカラーベストと呼ばれている、スレート葺きの屋根です。現在の屋根材として最も一般的に見られます。メリットとして、コストが低価格、重量の軽さが挙げられます。

乾式洋瓦

プレスセメント瓦に近い特徴があります。表面にスラリーというセメント着色層があるのも特徴になります。環境によって劣化するスピードは変化しますが、10〜15年の間には業者に依頼して一度チェックしてもらう方がいいでしょう。

トタン屋根

駐車場や倉庫の屋根など様々な場所で見かける屋根材です。屋根材としては非常に軽く、建物への負担を最小限に抑えることができます。しかし、その軽さから音が響いてしまうという性質もあり、雨が降った際は雨音などに悩まされるでしょう。

上記の屋根材は、現代でもよく見かけることのある屋根材になっています。次に修理・補修のポイントなどをご紹介したいと思います。

修理・補修のポイント:コロニアル屋根

コロニアル屋根材で修理・補修が必要なポイントは、苔や藻、サビなどです。苔や藻は太陽が当たりにくい箇所にできやすく、水分を含みやすくなるため屋根材の腐食原因になることがあります。そしてサビですが、コロニアル屋根材にはトタンを使用している部分があります。その部分が、雨風によりサビてしまうことがあります。修理・補修の目安は、10年となっています。

修理・補修のポイント:乾式洋瓦

乾式洋瓦は見た目がプレスセメント瓦に似ています。その点がポイントになっており、修理・補修の際気をつけなければいけないのです。屋根材によって、修理・補修は異なってきます。プレスセメント瓦に施す修理・補修をしてしまうと、後日雨漏りなどの原因につながってしまうのです。

修理・補修のポイント:トタン屋根

トタン屋根はサビやすいという特徴があり、一度サビてしまうと劣化がとても早いです。サビによる劣化が進んでいくと屋根に穴が空き、雨漏りしてしまいます。また、直射日光に当たることで、色褪せてしまいます。サビ・外観を損ねてしまうなどの要因から修理・補修が必要になります。

屋根の素材によって傷みが異なりますので、それぞれの特徴を把握してチェックする必要があります。
和歌山県の住宅で屋根の補修・修理トラブルなら当社にご相談ください。雨漏りはもちろん、瓦の葺き替えやブロック塀の設置なども行っております。
お見積りは無料で承っておりますので、住宅の屋根トラブルでお悩みの方はお気軽にお問合せください。

前のページに戻る
ページの先頭へ