雨漏り工事 葺き替え工事 和歌山 アルプス

HOME > 屋根の色選びでのポイント

屋根の色選びでのポイント

住み心地の良い住宅を維持するためには、様々な外敵から住宅を守っている屋根のメンテナンスも重要なものです。雨漏りなどを防ぐためには、葺き替えや屋根塗装の塗り替えなどの屋根工事を定期的に行うことが理想です。こちらでは、屋根の塗り替えをご検討されている方に、屋根の色を選ぶポイントについてご紹介いたします。

視覚効果を考える

色の面積の大きさによって、色の明るさなどの見え方が変わるというのはご存知でしょうか?色見本よりも、屋根の面積はずっと大きくなります。そのため、元々明るい色はより明るく見え、暗いトーンの色はより沈んで見えてしまうことがあります。「イメージと違う!」という失敗を防ぐためにも、色を選ぶ際にはそういった視覚効果のポイントを押さえて選ぶことをおすすめします。上記の色の面積による問題の対策としては、選んだ色が明るい色(淡い)ならワントーン濃い色を、選んだ色が暗い色(濃い)ならワントーン薄い色にすると良いでしょう。

汚れの目立ちにくい色

洋服や家具などでも、白などの淡い色は汚れがとても目立ちます。服や家具の場合は、汚れを落とすことも容易にできますが、屋根全体となると個人では難しいです。屋根の汚れは、その家の外観を左右することにもつながります。そのため、屋根の色を選ぶときには汚れの目立ちにくい色を選ぶことが大切です。汚れの目立ちにくい色としては、白などの淡色系よりも黒や紺、茶色などの濃色が挙げられます。外壁とのバランスも考えて、色を選ぶことをおすすめします。

理想の家を見せる

自分のイメージしている屋根の色を、もっと確実に伝えたいときには「見本」となる理想の家を見つけておくと良いでしょう。モデルハウスの住宅展示場や、周りの家の中から、自分の理想の色を持つ家をピックアップして覚えておき、実際に一緒に見に行くことで、より正確にイメージしている色を伝えることができます。

一度色を塗り替えてしまうと、次の塗り替えの時期までそのままのケースが多いです。納得のいく色にするためにも、色選びのポイントを役立ててみてください。

天候や日照り、周囲の住宅とのバランスなどにより印象が違ってしまうことがあるので当社のホームページにて実際の施工事例もぜひご確認ください。当社は、和歌山にあります屋根の専門店です。屋根の塗装・葺き替え・補修・修理の依頼、雨漏りなど、屋根工事のことなら当社へご相談ください。深い知識と正確な技術、豊富な経験で皆様に対応いたします。

前のページに戻る
ページの先頭へ