雨漏り工事 葺き替え工事 和歌山 アルプス

HOME > 地震対策としての住宅補強

地震対策としての住宅補強

住宅は雨風を防いだり、快適な生活を守るために必要不可欠な役割を果たします。自然災害を受けても安心して過ごせる住宅を作るため、地震対策のポイントを知り、耐震リフォームを行ってみませんか。こちらでは、地震による住宅の影響についてご紹介いたします。

地震による住宅の影響

建物には一定の耐震性により安全を確保できるように、最低限守る基準を建築基準法で定められています。大地震や自然災害でも倒壊しないような安全な住宅が作られていますが、何度も災害を受けたり、年月が経つと耐久性が下がることも考えられます。

また、地震の力は地面に乗っている物体の質量によって、受ける影響が変わります。建物の中にいる場合、建物全体の重さが地震の揺れに影響されてより強い力を受けてしまいます。しっかりとした安心な住宅にするためには耐震のポイントを知り、定期的にメンテナンスやリフォームを行うことが大切です。

耐震性のある住宅のポイント

耐震リフォームで最もお手軽にできるリフォームが屋根の補強です。地震による揺れの影響を軽減するためには重さのある屋根より、軽くて耐久性のある屋根が最適です。また、柱は強い縦揺れによって土台から飛び出してしまう恐れがあるので、柱と土台などの結合部分を金物で補強します。併せて防水シートを敷いて湿気対策をすると万全です。

耐震リフォームではまずご自宅のどの部分が弱いのかを知りましょう。住宅によって骨組みや外装、玄関など、作りは様々です。
当社ではお客様の住宅に合わせた最適なリフォームをご提案いたします。

耐震対策やリフォームをお考えの方は是非当社にご相談ください。屋根や外壁の塗り替えも行っております。熟練した技術や知識をもつ専門の職人が工事のご提案からアフターサポートまで丁寧に対応しております。工事は全て自社施行なので余分な費用を抑えることができると共に、見積もりや診断は無料で行っているので、和歌山県周辺にお住まいの方はお気軽にご連絡ください。

前のページに戻る
ページの先頭へ