雨漏り工事 葺き替え工事 和歌山 アルプス

HOME > 雨漏りが発生しやすい家とは

雨漏りが発生しやすい家とは

家を建てる時に、雨漏りの対策をしっかり施している家と、そうでない家では当然雨漏りが発生する可能性が異なります。
雨漏りは、家の老朽化が原因というイメージがあるかもしれませんが、実は新築したばかりの家でも発生することがあります。
では、一体どのような家が発生しやすいのでしょうか。

軒の出が短い家

屋根が、建物の壁から軒先まで出ている部分の寸歩のことを軒の出といいます。近年、モダンでシンプルな家が増えてきましたが、その中には軒の出が短い家を見かけることがあります。しかし軒の出が短いほど、軒先にまわった雨水を切ることができず、下部にまわってしまいます。そのため軒先回りが傷みやすくなり、雨漏りを引き起こす原因になってしまいます。

軒の出は少なくとも、30cm〜45cm程度は必要といわれており軒の出が十分な長さあれば、横殴りの激しい雨が降っても雨の侵入を防ぎ、外壁も汚れにくくなります。雨漏りは、家だけではなく人体にも悪影響を及ぼす恐れがあるので、雨漏りが発生した場合は早めに屋根リフォームをするなど対策が必要です。

屋根のデザインが複雑

最近は、デザイン性の高い家が多く屋根の形も様々です。そのため、一般的な屋根の形状だった切妻造や寄棟造の家が少なくなってきています。棟違い屋根や、段違い屋根、複数の形状の屋根を組み合わせるなど色々な形状の屋根がありますが、複雑な形状をしている屋根ほど雨漏りの危険性が高くなります。形状を組み合わせている部分は、雨漏りを引き起こす原因になってしまう恐れがあるので、複雑な形状をしているほど、雨漏りが発生しやすい家といえます。

当社は、和歌山にて屋根リフォームを行っております。葺き替えはもちろん、塗装、雨漏り補修工事、の補修工事などができますので、お客様のご希望に沿った屋根リフォームを施すことが可能です。また下請け業者を使わない完全自社施工なので、予算を抑えることができます。見積もりのご依頼がございましたら早急に対応いたしますので、屋根リフォームをご検討されている方は、是非当社をご利用ください。

前のページに戻る
ページの先頭へ